味わい深くて歴史の詰まったウィスキーの余市を買取強化中です

余市のウィスキーは、日本のウイスキーの父とも呼ばれるニッカウイスキーの創業者である竹鶴政孝が生んだウィスキーです。竹鶴氏はスコットランドに似た冷涼で湿潤な気候、豊かな水源と凛と澄んだ空気が揃った場所こそが北海道の余市であると確信しました。モルトウイスキーの原料である大麦や、スモーキーなフレーバーを加えるためのビートが豊富であることも、ウィスキー作りに欠かせないものだと考えました。当時の余市は雑草に囲まれた土地であったが、この海風が吹く原野こそがウイスキーに欠かせない理想な場所だと見抜いていたというのです。

余市には余市10年や12年、15年、20年と年代物のシリーズがあります。気軽に飲めるものから、普段飲む機会の少ない深い味わいのものまで様々です。
今、年代物の余市を高値で買取しているお店が非常に多くなっています。特に20年物は15年物よりも更に深い味わいでプレミア感が半端ないです。アルコール度数が高いだけではない沢山の歴史の詰まった余市20年は高価買取してもらえるかと思います。

そんな種類豊富な余市のウィスキーが家の中に眠っていたならば、気軽にお見積もりや、買取のお問い合わせをしてみるのをオススメします。きっと満足のいく買取をしてもらえるのではないかと思います。
参考:竹鶴 余市のおいしい飲み方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です