発泡酒やウィスキーを買取してもらう場合の事情

巷には、発泡酒やウィスキーを買い取ってくれる買取サービスがあります。もし不要になったお酒があれば、廃棄処分するよりもお金に換えた方がお得です。ただし買取を依頼する場合には、お酒の種類によって事情が変わります。

一般的にビールなどの発泡アルコール飲料には、賞味期限が設定されています。そのため発泡酒の賞味期限が切れていると、買取は難しいです。また発泡酒の賞味期限が近い場合にも、査定額が下がったりあるいは買取不可のケースがあります。ウィスキーを買い取ってもらいたい場合には、賞味期限の心配は必要ありません。ウィスキーは賞味期限の表示義務がない種類のお酒に該当します。アルコール度数が高いため細菌が繁殖せず、長期間常温で保管していたとしても腐敗の心配がないためです。たとえ何十年も昔に購入したウィスキーであっても、開封さえしていなければお酒の買取業者に評価してもらえる可能性が高いです。

ただし賞味期限がないウィスキーでも、保存状態には配慮が必要です。できるだけ直射日光が差し込む場所は避け、涼しく暗い場所での保管が適しています。また開封口や容器が傷んでないかどうか、定期的に保存状態をチェックするとさらに確実です。
参考:ハイボールのおいしい飲み方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です