果実酒のブランデーと穀物酒のウィスキーの違いを知って買取に

ウィスキーとブランデーはどちらも蒸留酒とよばれる種類ですが、原料に違いがあります。ウィスキーが穀類で、ブランデーが果実です。ウィスキーはライ麦や大麦などの穀物を、麦芽の酵素を使って糖化させたお酒になります。ブランデーは果実からつくられたお酒の総称です。使われている果実はブドウが多いですが、さくらんぼやりんごなどの果実が使われている種類もあります。ビールが蒸留されたものがウィスキーで、ワインが蒸留されるとブランデーです。バーボンはバーボンウィスキーといわれることもあるようにウィスキーの一種になります。

このようなウィスキーやブランデーを買取に出す場合は、違いをしっかり理解している店舗を選ぶようにしましょう。外見も重要なポイントです。長年倉庫などで保存されていたり、床下の収納に置いていると泥やホコリが付くことがあります。買取査定の前に汚れは落としておきましょう。
例えそれが安いものであっても、安いウイスキーには安いウィスキーの使い道があります。
また、ウィスキーやブランデーは箱や替栓が付いてることがあるので、買取の際には一緒に持って行きましょう。すべて付属品が揃っていると買取価格も上がりやすいです。お酒も長年置いていると蒸発したり劣化するので、売りたいと思ったら早めに査定にだしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です